Lykkeのがま口ショルダーバッグについて


こんばんは、Lykke(リッケ)のヒサミです。

 

私の作るがま口の中でも、”大きい物”といえば、がま口ショルダーバッグです。

 

このバッグは、雑貨の仕事塾の”がま口雑貨作家養成講座”に通っていた時に誕生しました。

 

がま口雑貨作家養成講座では、

最後の最後に作品を仕上げてコンセプトなどと一緒に発表する場がありまして、

ものすごーく緊張しました!

 
その時に発表したのが、がま口ショルダーバッグです。

 
そういえば、Lykkeという名前もこの時に発表したんだったと思い出しました^^

 

講座がはじまった時には、なんと返し縫いが分からなかったり(!)と、

ハンドメイドやものづくりが得意な仲間たちの中で、完全に落ちこぼれ気味な私でしたが、

そんな私がこんなに大きい物を作ってきた事に驚かれた覚えがあります。

 

また、マツド先生Karen先生のお二人がほめてくれたのも、とっても嬉しかったです★

 

私は旅が大好きなので、旅行やお散歩の時に両手が空いて、

バッグを開ける時に片手で手軽に開けられるがま口ショルダーバッグで、

さらに片面ずつ別の生地にして折り返せる作りにする事でデザインも楽しめる!

というイメージは自然に決まってました。

 

この写真も発表の時のために撮ったものです↓

 
Lykkeショルダーバッグ
 
Lykkeショルダー

 
どっちを前にするかで、けっこうイメージが変わりませんか?

 

あと、A4サイズの物が、縦と横どちらでも入るサイズというのも、外せないポイントでした。

 

今もそうですが、ただかわいいだけの物ではなくて、

実用性も大切にしたいと思っていたのです。

 

実際にバッグの上部分を折り曲げた状態だとA4横がちゃんと入って、

バッグを折り曲げないまっすぐな状態だと、今度はA4サイズが縦で入れられます。

 
Lykkeショルダー
 
用途や気分に合わせて変えられるのが、このがま口ショルダーバッグの良いところです♪

 

他にもオススメポイントがあるのですが今日はここまで★

 

続きはまた次の機会に書きますね!

2015-08-11 | Posted in blogNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment